日経トップリーダー 2000/12号

景気
倒産の動向
負債総額八兆円超えで過去最悪 販売不振による倒産が急増中

 二〇〇〇年一〇月の倒産件数は、一七一一件(負債一〇〇〇万円以上、帝国データバンク調べ)となり、今年三回目の一七〇〇件超え。一二カ月連続で前年同月を上回った。 また、中堅生保の協栄生命保険(負債四兆五二九七億円)、千代田生命保険(負債二兆九三六六億円)が相次いで経営破綻、更生特例法の適用を申請したため、負債総額は八兆五六一一億円と初めて八兆円を超えた。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:722文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
千代田生命保険
update:19/09/24