日経ビジネス 2001/01/01号

有訓無訓 コラム
一心不乱に働き己を磨く
稲盛  和夫[京セラ名誉会長]

 内村鑑三の名著に『代表的日本人』という本があります。その中に、これも有名な話ですが二宮尊徳のことが書いてある。いくつもの荒廃した農村に入っては、鍬一本、鋤一本で、朝は朝星、夕方は夕星を仰ぐまで一心不乱に仕事をし、一番最後に帰るのは、どこへ行っても尊徳だったと。 尊徳は貧農の出。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1306文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
京セラ
update:19/09/24