日経ビジネス 2001/01/01号

特集 世界1000社番付 第3章の2
自動車
再編無縁 本田 の自主独立 規模の論理に屈せず、技術と知恵で勝負

 1998年11月、独ダイムラー・ベンツと米クライスラーが合併し、一気に加速した自動車の国際再編劇。激流は日本にも達し、日産自動車、富士重工業、三菱自動車工業などが相次ぎ海外メーカーの資本を受け入れた。本誌が12月18・25日合併号で特報したように、トヨタ自動車と米フォード・モーターが提携構築に向け急接近するなど、巨大メーカー中心の再編は今もその勢いが止まらない。(70〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2448文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
日産自動車
米フォード・モーター社
SUBARU(旧:富士重工業)
三菱自動車
update:19/09/24