日経ビジネス 2001/01/01号

特集 世界1000社番付 第3章の4
医薬
世界は遠い 武田 の正念場 生き残りへ、なり振り構わず

 1980年代後半から90年代にかけ、欧米では大手製薬同士の合併・買収(M&A)が相次いで起こり、業界再編が急速に進んだ。だが、番付でトップに立ったのは、この手のM&A戦略に距離を置いてきた米メルクだ。 2000年に米ワーナー・ランバートを買収し、医薬品売上高でメルクを超えることになった米ファイザーも、キャッシュフローでは劣っている。(74〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2388文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米メルク社
米ワーナー・ランバート社
update:19/09/24