日経ビジネス 2001/01/01号

敗軍の将、兵を語る 人物
横山 昇治氏[横山工業(日産自動車の2次下請け)元社長]
無念の倒産、強引なゴーン改革に憤り

 2000年10月31日の火曜日、時計の針は午後2時半を指していました。あと30分以内に処理しなければ手形は不渡りになる。何とかしないと。決済に必要な額は4800万円。工面できたとしても、また来月も返済が迫ってくる。やるだけのことはやってきた。もう限界かな…。こんな思いを巡らせながら、午後3時の時報を聞いたことを覚えています。(153〜156ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5174文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
【記事に登場する企業】
日産自動車
update:19/09/24