日経エレクトロニクス 2001/01/01号

NETs連載講座
GHz時代のボード設計 トラブル対策を徹底解説(1)
Design Conference 2000 Japanから

 高速信号をボード(プリント配線基板)上で伝送するときに,隣接する信号ラインに雑音が乗ってしまうことがある。クロストーク雑音である。特にクロック周波数が1GHzを超えるような高速の信号を伝送するときに,クロストーク雑音の問題は顕著になる。この問題に頭を痛めている読者は多いのではないか。(164〜174ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9013文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
クロストーク
富士通
update:18/08/02