日経ビジネス 2001/01/08号

時流超流・トレンド 21世紀のエジソンたち 2005年の技術大予測
気象

 1時間当たりの降水量が100mmを超えるような集中豪雨は現在の気象予測モデルでは予想が難しい事象の1つだ。予報精度の向上を目指し、気象庁では大きく3つの試みがなされている。1つは気温、気圧、風といったデータを計算する格子点の間隔を細かくすること。現在、日本付近では水平方向には20kmの間隔で予測のための計算を実行している。これを2001年からは10km間隔にする。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1396文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
気象庁
update:19/09/24