日経ビジネス 2001/01/08号

時流超流・トレンド 21世紀のエジソンたち 2005年の技術大予測
ガン治療

 20世紀の前半に猛威を振るった結核は、1944年のストレプトマイシンの発見以降に急速に減少した。しかし、ガンをなくしてしまうような特効薬が登場することは期待できない。元からある正常な細胞が一部変化したガン細胞だけを狙い撃ちするような薬を作るのは極めて難しい。むしろ、ガンは多細胞生物の宿命のようなもので、なくすのは不可能と考えた方がいい。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1455文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
【記事に登場する企業】
昭和大学
日本癌学会
update:19/09/24