日経ビジネス 2001/01/08号

経営戦略 小さなトップ企業スペシャル
「超常識経営」で活路拓け
信念とこだわり、 目からウロコの発想法 【伊那食品工業】寒天素材    の製造 「売らない」哲学で  43期連続増収実現 【大田花き】花卉類の卸売り 静かなセリ、ネット取引で旧体制打破 【日本アルミット】 高性能ハンダの製造 技術極める、社員3分の1が研究開発

 売れると分かっている商品を売らないのは勇気のいる決断だ。経営の教科書に照らせば無謀だろう。しかしそれを敢えて選択した企業がある。長野県伊那市に本拠を置く寒天の製造会社、伊那食品工業だ。 1981年に伊那食品工業が販売を始めた一般家庭向けのゼリーの素「カップゼリー80℃」。(66〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12054文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
大田花き
日本アルミ
update:19/09/24