日経メディカル 2001/01/10号

スペシャルリポート
テキサス大学M.D.アンダーソン癌センター 常識覆す癌の分子標的治療 500超える臨床試験,根拠に基づく集学治療で制圧

 米国で最先端を走る癌治療施設,テキサス大学M.D.アンダーソン癌センター。これまで多くの癌治療法がここで生まれ,後に世界の標準治療へと発展した。今も,「癌は不治の病」という認識を覆すような新治療法の基礎研究や臨床試験が数多く進行中だ。21世紀の癌治療の萌芽を,同センターに探った。(61〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7761文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
update:19/09/27