日経ビジネス 2001/01/15号

時流超流・トレンド 深層
 「郵政=日通業務提携」の大構想浮上
共通ブランド検討も波乱含み

 既に2000年12月4日号で本誌が報じた国内物流最大手の日本通運と郵政事業庁(旧郵政省)による広範囲な提携について、両者が昨年秋以降、ペリカン便とゆうパック事業の統合などを水面下で頻繁に協議していることが、このほど入手した内部資料から明らかになった。 郵政事業庁は「あくまで事務担当レベルの情報交換会にすぎない。(4〜5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2825文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
【記事に登場する企業】
日本通運
日本郵政公社
update:19/09/24