日経ビジネス 2001/01/15号

体 21世紀から始める健康法─2
お酒は「1日2合」まで
慶応義塾大学医学部(東京・新宿区)内科  加藤  眞三  講師に聞く

 得意先を銀座のクラブで接待、六本木のワインバーで職場の同僚の栄転祝い、会社近くの一杯飲み屋で後輩の悩みを聞いてやる…。とかくビジネスマンは、酒を飲む機会が多い。飲酒は人間関係の潤滑油と心得ている人も多いだろう。 「酒は百薬の長」と言われ、適量にとどめておけば問題はない。しかし、過度の飲酒が続くと、確実に肝臓に負担を与えてしまう。(90ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1313文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
慶應義塾大学(慶応義塾大学)
update:19/09/24