日経ビジネス 2001/01/22号

時流超流・トレンド 山高ければ谷深し
米経済スタグフレーション入りの危険 バランスシート調整必至、ドル暴落の可能性

 名古屋市にある木下精密工業はミシンの部品メーカーである。工業用ミシンの需給関係を熟知する木下治彦・同社社長によれば、中国メーカーが作ってインドやロシア向けに出荷する低価格ミシンの単価が今や110〜120ドルにまで落ちた。向かうところは100ドルの線。その場合「日本で言えば昭和30年代の価格水準に戻ってしまうことになる」と木下氏は言う。(8〜10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4624文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
update:19/09/24