日経ビジネス 2001/01/22号

時流超流・トレンド 最適地生産
中国で日本向け有機農産物の生産急増 JAS法改正がきっかけ、コストや気候など日本より有利

 中国で、有機農産物の対日輸出向け生産が急増している。昨年6月に施行された改正日本農林規格(JAS)法で有機農産物の表示基準が厳格化されたのを機に、日本の大手商社やスーパーが中国からの輸入拡大に動き出した。中国の生産者もそれに呼応し、作付面積を大幅に増やしている。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1703文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
中国政府
update:19/09/24