日経ビジネス 2001/01/22号

経営戦略 新人事制度
松下精工
50歳で強制異動、リストラせずに活性化

 2001年1月22日。ホテルプラザ勝川(愛知県春日井市)で松下精工の“ドラフト会議”は開かれる。会議の参加者は松下精工社長、中野輝雄(62歳)のほかに各事業部長を含めた9人の役員、そして人事の責任者。この会議で、今年3月末までに50歳になる管理職、22人の異動先が決まる。 昨年が1回目の会議だった。この時には、50歳から56歳までの98人についての異動先を議論した。(59〜62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6113文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
パナソニックエコシステムズ
update:19/09/24