日経ビジネス 2001/01/22号

技術&イノベーション 21世紀のエジソンたち
森下 竜一 氏
[大阪大学大学院医学系研究科助教授] 遺伝子治療の研究で欧米追撃の切り札 助教授とベンチャーの二足のわらじ

 昨年春までRPRジェンセルという米国のバイオベンチャーの日本法人の代表を務めていた冨田憲介は、1999年2月に森下竜一と初めて会った時のことをよく覚えている。 RPRジェンセルはフランスの大手製薬会社、ローヌ・プーラン・ローラー(99年に独ヘキストと合併し、アベンティスになった)が遺伝子治療の研究開発に乗り出すために94年に設立したベンチャーだ。(130〜133ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5543文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ技術 > 遺伝子・細胞
【記事に登場する企業】
大阪大学
update:19/09/24