日経ビジネス 2001/01/29号

経営戦略 ケーススタディー
米アプライド・マテリアルズ 日本に学び、越えて世界一
半導体製造装置メーカーの雄 起業家精神を失わず顧客志向を徹底

 「3年後に売上高を2倍にする」——。もし企業のトップが、市場縮小により減収減益に陥って、人員削減をも余儀なくされた時期に、こんな宣言をしたらどうなるか。恐らくは経営者不適格の烙印を押されかねない。 だが、そんな無茶を実現した経営者が米国にいる。ジェームズ・モーガン氏、62歳。(46〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9330文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > エレクトロニクス製造技術・装置
【記事に登場する企業】
米アプライド・マテリアルズ社
東京エレクトロン
ニコン
update:19/09/24