日経ビジネス 2001/01/29号

体 21世紀から始める健康法—4
糖尿病予防は食事・運動で
浅野生活習慣病予防研究所(東京・渋谷区)  浅野  次義  所長に聞く

 糖尿病になりやすい体質には、遺伝するものがある。日本人の場合、3人に1人が“エネルギー倹約遺伝子”と言えるものを持っていることがわかっている。この遺伝子があると、同じ生活をしていても、遺伝子を持っていない人に比べて1日当たり平均200キロカロリーほど消費エネルギーが少なくなる。つまり、余分なエネルギーを体にため込んで、糖尿病になりやすくなるのだ。(82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1365文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/24