日経エレクトロニクス 2001/01/29号

技術速報
BSディジタル放送受信機用ICカード6万枚を回収へ 最悪の場合は使用期間が3カ月

 BSディジタル放送受信機(テレビ受像機およびチューナ)に同梱されているICカード(B—CASカード)の一部が回収されることになった。B—CASカードは,NHKやWOWOW,東芝,松下電器産業,日立製作所などが出資して設立したビーエス・コンディショナルアクセスシステムズがテレビ・メーカに供給しているカードで,有料放送の課金管理などに使う。(25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:630文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > RFID(ICタグなど) > スマートカード(ICカード)
通信・ネットワーク・放送 > 放送サービス > BS/CS放送
【記事に登場する企業】
東芝
パナソニック
日立製作所
WOWOW
update:18/08/02