日経エレクトロニクス 2001/01/29号

技術速報
松下電子工業など,偏向角が120度と広いCRTを開発 偏向ヨークや電子銃,表面コーティング法を改良

 松下電子工業は,松下電器産業や九州松下電器と共同で,偏向角が120度と広いHDTV受像機向けCRT(cathode ray tube)を開発した。これまでは112度が最大だった。アスペクト比16対9の36インチ型と32インチ型のCRTに適用し,それぞれ奥行きを427mm(現行品に対し114mm減),398mm(同96mm減)に縮めた。(26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:666文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
パナソニック コミュニケーションズ
update:18/08/02