日経ビジネス 2001/02/05号

時流超流・トレンド 不安定飛行
ローソンをさばき切れない三菱商事 筆頭株主に躍り出るも経営権掌握にはなお「波高し」

 ダイエーがグループの大手コンビニエンスストア、ローソンの発行済み株式の8%を2月末にも三菱商事に売却する方針を固めた。三菱商事の持ち株比率は28%となり筆頭株主に躍り出る。高木邦夫ダイエー社長は総合スーパー事業との相乗効果が小さいコンビニに見切りをつけたと言われ、負債圧縮のため来期(2002年2月期)中に残るローソン株も売却する可能性が高い。(6ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1629文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
ダイエー
三菱商事
ローソン
update:19/09/24