日経ビジネス 2001/02/05号

経営戦略 小さなトップ企業
徳武産業(旅行用スリッパ、ケアシューズ製造)
 いち早く成長分野に着目、企画力が武器

 規模の小さい分、環境に適応する機動力を持つことが強い中小企業の条件とされる。徳武産業(香川県大川町)はいち早く成長分野に目をつけて、旅行用スリッパや高齢者用の靴などを、まだ消費者になじみの薄い頃から手掛けてきた。 同社は1957年、手袋メーカーとして創業した。香川県東部の大川郡は当時、全国シェアの96%を占めた手袋の産地で約300社がひしめいていた。(62〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2976文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > ファッション・衣料 > その他(ファッション・衣料)
update:19/09/24