日経ビジネス 2001/02/05号

時流超流・トレンド 新製品トレンド 居酒屋気分
家庭用ビールサーバー、新旧勢力入り交じり活況 象印も参入、キリンなど改良品で対抗

 昨年、ヒット商品となった家庭用ビールサーバー(注ぎ出し器)。今年は新規参入に加え、既存各社も改良品を発売する予定で、市場が活性化しそうだ。一口にビールサーバーと言っても、本格的なタイプから、簡易なタイプまで多種多様。用途に応じて、自分に合ったタイプを選ぶ必要がある。 ヒットの発端を作ったのが、アサヒビールとキリンビール。(158〜159ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1925文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
キリンビール
象印マホービン
update:19/09/24