日経コンストラクション 2001/02/09号

技術フラッシュ 環境・
焼却灰を洗浄して埋め立て

 熊谷組は,焼却灰を洗浄してから埋め立てる「焼却灰洗浄型埋立処理システム」の実証実験施設を,北九州エコタウン内にある同社響灘環境技術研究所に建設した。 同社が99年に開発した浄化システム「スーパーリサイクロンシステム」を使って,焼却灰を土壌環境基準値以下のレベルに浄化した後,処分場に埋め立てる。処分場は屋根付きで,平面が35m×21m,高さが6m。(29〜30ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:450文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
熊谷組
update:19/09/26