日経コンストラクション 2001/02/09号

特集 “たかり”に負けない住民対応
「家屋の損傷を直してほしい」
工事との因果関係の特定は難しい 大半は現場の人手と材料で修理

 「ビルの壁にひびが入った」,「歩道が沈下して家の入り口に段差ができた」——。特に市街地で工事をする場合,こうした家屋の損傷に関するクレームが寄せられることがある。住民にとっては一大事なだけに,現場事務所に「すぐに直してくれ」と要求してくる。(60〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2233文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/26