日経コンストラクション 2001/02/09号

技術フラッシュ 海洋
海底に設置して海岸侵食を防ぐ

 西松建設は岐阜大学土木工学科の安田孝志教授の協力を得て,海岸の侵食を防ぐ「トラップ式ダブルリーフ工法」を開発した。 捨て石マウンドやジャケットなどで造った一段目リーフの上に,スリットをもつコンクリート製の構造物を二段目リーフとして設置する。沖から押し寄せた波が二段目リーフに到達して砕けた後,二段目リーフのスリット部に突入してエネルギーが小さくなる。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:425文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
岐阜大学
ニシマツコーポレーション
update:19/09/26