日経ビジネス 2001/02/12号

時流超流・トレンド これも競争政策
米で旭化成がカルテル疑惑!?の裏事情 2年前から米FTCが調査、独禁法の運用巡り司法省と競争

 医薬品・食品向け添加剤のカルテル疑惑を巡り、米連邦取引委員会(FTC)が旭化成を2年前から調査していたことが明らかになった。 米国では司法省がカルテルを追及することが多く、FTCの調査が日本企業にまで及ぶのは異例のことだ。FTCと旭化成は互いに黒白を譲らず、昨年12月に和解契約案に合意した。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1625文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
【記事に登場する企業】
旭化成
米連邦取引委員会
update:19/09/24