日経ビジネス 2001/02/12号

時流超流・トレンド 過当競争の末
ビールの出荷統計って何だったの? 販売実態表さぬ「課税数量」、問屋のクレームで公表方法変更

 ビール業界で恒例となっていた、ビール・発泡酒の出荷数量の発表方法が9年ぶりに変更される。これまではキリンビール、アサヒビール、サッポロビール、サントリー、オリオンビールの大手5社が毎月第8営業日に、前月の課税出荷数量を任意に発表してきた。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1688文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
オリオンビール
キリンビール
サッポロビール
サントリーホールディングス
ビール酒造組合
update:19/09/24