日経ビジネス 2001/02/12号

時流超流・トレンド 人ニュース 潜水艇
アラビア石油・小長氏の後任候補も問題児?

 2年後に控えたクウェートとの権益更新交渉が決裂すると会社そのものが消滅してしまうのがアラビア石油だ。 昨年、同社はサウジアラビアに持つカフジ油田の権益を失効し、約1800億円の売り上げの約半分を失う事態を招いた。“和製メジャー”墜落の原因として批判の矢面に立たされたのが通産省(現・経済産業省)OBの小長啓一アラビア石油社長(70歳)だった。(15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:762文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
アラビア石油
update:19/09/24