日経ビジネス 2001/02/12号

特集 ホンダの突き抜ける力 第2章
現場力
現場で、現物を見て、現実を見極める

 1979年12月24日、寒いクリスマスイブ。昨秋、ホンダが発売した小型ミニバン「ストリーム」の生みの親で、本田技術研究所LPL室のチーフエンジニアを務める藤原裕(50歳)は、この日、初めてホンダの門をくぐった。造船会社で金属関連の仕事を専門にしていたが、車好きが高じてホンダの中途採用試験に応募、合格したのだ。「これで大好きな車の開発に関われる」。藤原は素直に喜んだ。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3357文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
【記事に登場する企業】
ホンダ
本田技術研究所
update:19/09/24