日経ビジネス 2001/02/12号

経営戦略 国際化
藤沢薬品工業
 「失敗を良い薬に」収穫期迎える海外拠点

 1998年3月末、藤沢薬品工業は米国での後発医薬品(特許切れ後の医薬品)事業からの撤退を発表した。これに伴い460億円の特別損失を計上し、98年3月期の決算は単独369億円、連結15億円の最終赤字に転落。創業家出身の藤沢友吉郎会長(当時)は責任を取って取締役相談役に退任した。その少し前には米国での反トラスト法違反事件も起こしており、藤沢にとってまさに米国は鬼門と言えた。(56〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4253文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
藤沢薬品工業
update:19/09/24