日経ビジネス 2001/02/12号

経営戦略 小さなトップ企業
リオン(補聴器の製造)
きめ細かい販売店教育、利用者の声拾う

 小型・軽量化は日本のメーカーが得意とするところ。だが、その最先端を行く製品の1つに補聴器があることはあまり知られていない。 従来は耳かけ型のものが主流だった補聴器だが、今では耳の穴に入る機種が増えている。それに伴い、音を拾うマイクロホンや音を大きくする増幅回路、電池なども小型化が進んでいる。(62〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3100文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
update:19/09/24