日経エレクトロニクス 2001/02/12号

ニュース・レポート
暗中模索の音楽配信を討論 「やせ我慢はいつまで続く?」
信学会の著作権関連シンポジウムから

2001年1月26日,電子情報通信学会はシンポジウム「インターネット時代のコンテンツ配信ビジネスと著作権保護」を開いた。各業界を代表する講演者が次世代コンテンツ流通のあり方について議論した。 インターネットを利用したコンテンツ配信ビジネスは遅々として立ち上がらない。ユーザは「Napster」などのファイル交換サービスに群がり,著作権者は見返りを得られないままだ。(31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1557文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > マルチメディア配信 > 音楽・映像配信
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止
【記事に登場する企業】
電子情報通信学会
update:18/08/02