日経エレクトロニクス 2001/02/12号

開発ストーリ 知的財産権 ギルビー特許訴訟(第一回)
蘇る三十年前の亡霊
キルビー特許訴訟(第一回)

 1991年7月19日。この日,富士通は,本社のある東京・大手町で記者会見を開いた。会見場には新聞やテレビなど,多くの国内報道陣が詰めかけ,ただならぬ雰囲気が漂っていた。 会見に臨んだのは,富士通取締役で電子デバイス事業本部長を務めていた増永彦太郎氏,同事業本部技術調査部長の篠田政一氏などである。(179〜183ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4360文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる324円
買い物カゴに入れる(読者特価)162円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > その他(知的財産・特許)
【記事に登場する企業】
米テキサス・インスツルメンツ社
富士通
update:18/08/02