日経エレクトロニクス 2001/02/12号

新製品ニュース
平均出力が20Wで小型軽量のレーザ溶接機 光学電子部品のスポット溶接向け

 NECネットワークスは,平均出力が20Wで小型軽量のYAGレーザ溶接機「ミニレーザウェルダ M800C」を2001年4月に発売する。WDM向け光アンプや光アイソレータといった部品の組み立て工程のスポット溶接に向ける。 同社の従来機種に比べて,体積で56%,質量で60%,設置面積で50%低減した。DSPを搭載した新開発のコンバータを採用し,昇圧トランスや大容量のコンデンサを不要にした。(77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:630文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 製造機械・工具
【記事に登場する企業】
NECネットワークス
update:18/08/02