日経ビジネス 2001/02/19号

有訓無訓 コラム
“成人病”日本を救うのは我々自身だ
新美  春之[昭和シェル石油会長兼社長]

 新しい世紀に入りましたが、日本のマスメディアや学者の間では、依然として日本の先行きに悲観的な論調が目立ちます。日本は復活するのか、沈んでしまうのか。私なりに考えを整理してみました。 2つの見方があると思います。歴史を振り返れば、日本人は明治維新の大改革や太平洋戦争の敗北を乗り越えてきた。こうした危機への対応力は、今も根本的には変わっていないはずだ。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1313文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
昭和シェル石油
update:19/09/24