日経ビジネス 2001/02/19号

時流超流・トレンド 新たな一歩
和田繁明そごう社長が再び語る「西武との合併」 本社は1つでブランドは2つ、21世紀の百貨店のモデルケースを目指す

 昨年7月にそごうの特別顧問に就任した和田繁明氏が、本誌2000年8月7日・14日号で「西武百貨店とそごうの合併構想」を明らかにしてから半年。今年1月31日に再生計画案が認可され、2月5日の株主総会で和田氏が新本部・十そ合ごうの社長に就任。いよいよ両社の合併構想に向けて次なるステップを踏み出すこととなった。(4〜6ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4607文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
西武百貨店
そごう
update:19/09/24