日経ビジネス 2001/02/19号

時流超流・トレンド 旧態依然
「公定歩合」を蔵から引っ張り出した日銀 今回も不発、デフレ懸念示す市場に広がる失望感

 5年ぶりとなる日本銀行の公定歩合引き下げは、速水優総裁が期待したようなサプライズ(驚き)を金融市場に与えたのだろうか。答えは否である。連休明けの13日の為替市場は、「公定歩合引き下げは実体経済には好影響を与えない」との見方から、さらに円安が進んだ。加えて株価も下落。日経平均株価は148円安の1万3274円まで売り込まれた。(7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1813文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
日本銀行
米連邦準備理事会(FRB)
update:19/09/24