日経ビジネス 2001/02/19号

時流超流・トレンド 臨戦態勢
東電、設備投資大幅削減の隠れた狙い 電力料金10%の引き下げ余地作る、新規参入組を牽制

 東京電力が設備投資を大幅に削減する。2000年度の設備投資額は1兆数百億円となる見込みだが、それを2001年度は9500億円前後とする方向で計画策定の詰めの作業に入っている。前年度比で10%程度の削減となり、ピークだった1993年度と比べると6割以下の水準にまで絞り込まれることになる。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1587文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
【記事に登場する企業】
東京電力ホールディングス
update:19/09/24