日経ビジネス 2001/02/19号

英語の強化書 英語でジョークを
日米の慣用句を使ったジョーク 外国人には新鮮だが、セクハラには注意

 言葉というものは、それが話されている文化や慣習に根差したもの。翻訳や通訳の難しさもそこに発する。 例えば、用事を頼む際の「よろしく」という言葉。いざ英語に訳そうと思ってもぴったりした言葉が見つからない。“I’d really appreciate your help with this.  Thank you.”とでも言えようが、どうもしっくりこない。(129ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1647文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
update:19/09/24