日経ビジネス 2001/02/26号

時流超流・トレンド 延命のツケ
火だるまシーガイア、更生法適用申請でも前途多難 負債3261億円、華僑資本などと交渉中も支援者探しは難航必至か

 「結局、サミットの舞台になるまでは、と無理矢理、延命させていたのではないか。シーガイアは宮崎県民に、リゾートで儲けるという幻を見せただけで終わってしまった」(みやざき・市民オンブズマンのメンバー、姫野史洋さん) 昨年7月、沖縄サミット(主要国首脳会議)に伴って開かれた外相会議の舞台にもなったシーガイアを運営する宮崎県の第3セクター、フェニックスリゾートと…(4〜5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1645文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
フェニックスリゾート
update:19/09/24