日経ビジネス 2001/02/26号

時流超流・トレンド 強者の論理
日本IBMが他社の反発覚悟で組む相手 企業の基幹システム受注拡大狙い、あのSAPに急接近

 SAPジャパンは統合基幹業務システム(ERP)の世界最大手、独SAPの日本法人。国内のERP市場における同社のシェアは5割以上に達する。製造業を中心にERPの導入熱が高まる中、日本IBMとSAPジャパンは「強者連合」を形成し、競合企業との差を一気に広げる考えだ。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1731文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
欧州SAP
SAPジャパン
update:19/09/24