日経ビジネス 2001/02/26号

経営戦略 小さなトップ企業
信号電材(西日対策信号機)
警視庁の要望に即応、事故減少にも一役

 中小企業が大企業からシェアを奪うのは難しい。ましてや過去の実績が何より重視される公共部門のマーケットではなおさらだ。信号電材(福岡県大牟田市、糸永一平社長)は中小企業ならではの小回りの良さを生かして、顧客の要望にいち早く応えることで、大企業の壁を乗り越えることに成功した。 信号電材は西日対策信号機で約50%のシェアを持つ。(76〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2989文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
警視庁
update:19/09/24