日経ビジネス 2001/02/26号

敗軍の将、兵を語る 人物
大平 純市氏[サワコー・コーポレーション社長]
失意の上場廃止、なお残る「なぜだ」の思い

 昨年11月27日、午前9時。当社の角谷正行常務と私は、2000年7月期の有価証券報告書を、東海財務局にお届けに参りました。これに添付された、当社の決算内容に対する監査報告書は「意見差し控え」。これはすなわち、当社の店頭上場が廃止されることを意味しました。 サワコーには4000という多くの株主がいらっしゃいます。(173〜176ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6875文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
【記事に登場する企業】
ワコー
update:19/09/24