日経ビジネス 2001/02/26号

本 新刊の森 未完の「国鉄改革」
国鉄崩壊・JR再興を検証する
『未完の「国鉄改革」』

 著者は東海旅客鉄道(JR東海)の代表取締役社長である葛西敬之氏。1963年に当時の国鉄に入社、83年からは職員局に身を置き、第2次臨時行政調査会による抜本的再建計画を内側から支えてきた人物だ。巨大すぎる故に身動きできず、瀕死状態に陥った国鉄は、劇的なまでの分割完全民営化計画により、87年に新生JRとして再始動する。著者らの10年以上に及ぶ努力が結実した瞬間であった。(217ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:577文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
JR東海
update:19/09/24