日経ビジネス 2001/02/26号

本 新刊の森 日本の税制
最新事例から学ぶ税の基礎知識
『日本の税制』

 税の「不公平感」が完全に解消されることはないだろうが、不公平な税制度に受け身でいるわけにはいかない。旧大蔵省出身で税制に明るい大阪大学法学部教授の著者は、国民が自ら税制の議論に参加すべきだと提言する。 本書は、日本の税制の最も今日的な課題を選んで、問題点、考え方、あるべき姿を簡潔にまとめたもの。(217ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:567文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
大阪大学
update:19/09/24