日経エレクトロニクス 2001/02/26号

NETs連載講座 超高記録密度HDDの実現●第4回
超高記録密度HDDの実現技術●第4回
 300Gビット/(インチ)2を射程に入れる HDD技術のロードマップ

このほかトラック密度の向上が必須となることから,ヘッドの位置決め精度が重要になる。(本誌) 磁気記録は,誕生以来100年もの歴史を積み重ねている。しかし,いまなお技術開発は活発であり,記録密度向上のスピードが加速しているほどだ。なかでも現在,磁気記録の技術開発を先頭に立って牽引けんいんしているのがハード・ディスク装置(HDD)である。(176〜186ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9518文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > ハードディスク(磁気記録技術)
update:19/09/26