日経ビジネス 2001/03/05号

時流超流・トレンド 我が身の不遇
光通信・重田氏の私財提供は中途半端 ベンチャー投資失敗、100億円拠出もやることなすこと裏目に

 あるマスコミは「私財を提供しなければならないほど、経営は悪化しているのか」と指摘し、別の記者からは「100億円の私財提供だけで、経営責任を果たしたと言えるのか」と詰問される…。2月の決算修正発表の翌晩、重田康光・光通信社長は、「何をやってもどう転んでも、世間はよく取ってくれない」と我が身の不遇を託った。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1632文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
update:19/09/24