日経ビジネス 2001/03/05号

時流超流・トレンド リストラは国境を超える
日本の名門出版社はなぜ売却されたか

 経済出版のプレジデント社(東京・千代田区)が2月、大手出版の小学館(東京・千代田区)グループに売却された。プレジデント社は米タイム・ワーナーグループの全額出資子会社だったが、今年1月にタイム・ワーナーは米アメリカ・オンライン(AOL)と合併し、事業の見直しを急いでいる。新・巨大メディア会社誕生の影響が早くも日本まで及んできたと言える。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:849文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
【記事に登場する企業】
米アメリカ・オンライン社
米タイムワーナー社
プレジデント社
update:19/09/24