日経ビジネス 2001/03/05号

時流超流・トレンド 景気読み筋
今年は日米とも後退、日本は世紀の大底も
ドイツ証券チーフストラテジスト 武者  陵司

 1999年から2000年前半の大幅な株式上昇を支えた、情報技術(IT)革命による成長性の上昇と、不良債権処理のヤマ場越えによる金融安定化という2つの要因は幻想であった。1998年10月から2000年2月までの1年余りの間に株式時価総額は245兆円から497兆円へと倍増したが、これはバブル期にもなかった株価急騰であり、まるで白昼夢であった。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1510文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
ドイツ証券
update:19/09/24